尼崎市 阪神杭瀬駅 南すぐ 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科 こんどう整形外科 
こんどう整形外科

HOME院長プロフィールトピックスコンセプトリハビリと設備診療時間・MAP在宅医療美容レーザー治療

採用情報  

リハビリと設備

リハビリテーション

こんどう整形外科のリハビリと設備

運動器(くび・こし・ひざ・あし)の痛み・しびれの原因を調べる検査機器および、リハビリ(物理療法・運動療法)に必要な機器・リハビリ風景。
 

受付・待合室

 

リハビリ室

待合室風景
  リハビリ室

リハビリ風景

理学療法士やトレーナーが患者様に応じたリハビリ(運動療法)を行います。

柔整師
可動域訓練(左写真)

患者さんの、固くなった関節(写真では肩関節)の動かせる範囲(可動域といいます)を
よくするため、器具を使わずスタッフによる治療を行っています。
自分だけでは痛みでなかなか動かなかった関節が、リハビリを行うことで動きが改善し、
日常生活動作(肩ならば高いところのものを取るなど)がしやすくなります。

理学療法士
筋力増強訓練・ストレッチ(右写真)


ひざの痛みがある、歩行が安定しないなどの患者さんなどに対して、太ももの筋肉を
伸ばすストレッチをとりいれながら、筋力をつけるトレーニングを行っています。
痛みのある関節のまわりの筋力をつけることで、関節の負担が減って痛みを減らす効果が
期待できます。
また歩行の安定につながります。

 

ウォーターベット

ウォーターベット

水圧を利用してマッサージを
行います。

渦流浴

渦流浴

温水の入った浴槽で、ノズルからお湯が勢い良く噴射します。
うで、あしの痛いところをそのお湯に当てる事で血行を良くし筋肉をほぐし痛みを和らげます。

温熱療法
マイクロ

温熱療法マイクロ

マイクロ波を患部にあて痛みを緩和します。

電気療法

SSP療法 干渉低周波

SSP療法 干渉低周波

痛みのある部位の筋肉などに電気を流し痛みを緩和させ
ます。

動脈硬化検査

動脈硬化検査

うで、あしの血圧を測り計算することで動脈硬化の程度を検査します。血圧測定の要領で約5分で終われる体に負担のない検査です。下肢(あし)のしびれ痛みのある方におすすめして
います。

運動療法

滑車運動やエルゴメーター

運動療法

滑車運動エルコメーターで、うで・あしの筋力をトレーニングしていきます。

 

その他 設備

 

X線

牽引(顎椎・腰椎)

ホットパック